スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルダン”ラニアのティアラ”

こちらのお写真は、ヨルダン国王アブドラ氏の妃ラニア王妃さまです。

20131104113347306.jpg

本当に美しいお妃さまです。
お召しになっているのは”ラニアのティアラ”。
名前の通り、ラニア王妃さまのために作成されたティアラです。

ラニア王妃さまの美しさ、優雅さ
そして少しアラブを感じさせるエキゾチックさが、
見事に現れているティアラです。

”ラニアのティアラ”をお召しになった
ドレス姿のラニア王妃さまをご覧ください。


20131104113349cf4.jpg
ラニア王妃さま

優雅なお姿です。美しいです。

さらに美しいアップのお写真がございました。
ご覧ください。


201311041133509c3.jpg
ラニア王妃

中東のシンデレラ
スポンサーサイト

ヨルダン”ブレスレットティアラ”

こちらのお写真は、ヨルダン国王アブドラ氏のお妃ラニア王妃さまです。

20131104112354963.jpg

お召しになっているのは”ブレスレットティアラ”。
2008年、フランスの宝石商ブシェロンの作品です。

手首につけるアクセサリーであるブレスレットのように、
手軽な感覚でお召しになることのできるティアラであるため
”ブレスレットティアラ”という名前がついています。

”手軽な”とは言っても、
すべてダイアモンドでできている豪華なティアラです。

”ブレスレットティアラ”をお召しになっている
ラニア王妃さまをもう一枚、

20131104112354705.jpg
ラニア王妃さま

40歳のお誕生日のお写真です。
40歳で4人のお子さまのお母様とは思えないほどの美しさです。

ヨルダン”エメラルドのツタ”

こちらのティアラは、ヨルダンの”エメラルドのツタ”です。

20131104111324318.jpg

2003年、フランスの宝石商ブシェロンの作品です。
ラニア王妃さまのために作成されました。
エメラルドのみを用いて、ツタの葉をモチーフとしています。
ベースはブラックゴールドです。

”エメラルドのツタ”をお召しになったラニア王妃さまをご覧ください。

20131104111325466.jpg
ラニア王妃さま

ヨルダン”アラビアンティアラ”

こちらのお写真は、「世界で最も美しい王妃」
と言われているヨルダンのラニア王妃さまです。

20131104110028328.jpg

本当に美しい王妃さまです。
女優のような...

お召しになっているのは”アラビアンティアラ”。
このティアラの詳細はわかりませんが、
ラニア王妃さまのために作成されたティアラであることは確かです。

エキゾチックなアラビア世界を思わせる、
ラニア王妃さまによくお似合いのティアラです。

ラニア王妃さまは、1993年当時ヨルダンの王太子であった
アブドラ氏と出会い、恋に落ち、半年後にご結婚されました。
アラビア世界のシンデレラです。

ラニア王妃さまは日本にもこられていますよ。

201311041100293ff.jpg
ラニア王妃さま(来日時、お着物姿で)

ヨルダン”ヌール王妃第三のティアラ”

こちらのお写真は、ヨルダンの前国王フセイン氏の4番目の妃、
ヌール王妃さまです。

2013110410234875a.jpg

お召しになっているのは”ヌール王妃第三のティアラ”です。
こちらのティアラの詳細もわかりません。
申し訳ありません。
詳細がわかり次第、随時更新させていただきます。

ですが、これもまた私の予想で申し訳ないのですが、
こちらのティアラも先の記事で紹介した
”ヌール王妃第二のティアラ”同様、
宝石商カルティエの作品ではないかな?と思われます。

ヌール王妃の”第二ティアラ”と”第三ティアラ”では大分趣が異なるのですが、
この”ヌール王妃第三のティアラ”は宝石商カルティエナラならではの
”どっしり感”があります。

私の予想ばかりで本とに申し訳ないです。
以降さらに勉強し、記事を更新してまいります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。