スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス”蓮のティアラ”

"蓮のティアラ"
20131110161711d49.jpg


こちらのお写真は、エリザベス女王のお母様
エリザベス王太后さまのお写真です。

201311091126171a9.jpg

お召しになっているのは”蓮のティアラ”。
1920年代の作品です。
イギリス前国王ジョージ6世が妻のエリザベス王妃にプレゼントとして
イギリスの宝石商ガラードから購入したものです。

エリザベス王妃から、
娘のマーガレット王女(エリザベス女王の妹君)に受け継がれ、

20131109112619514.jpg
マーガレット王女さま

そして、マーガレット王女の息子で
リンリー子爵デイビット殿下の妃、
セレナさまに受け継がれました。
セレナさまのウェディングティアラとなりました。


201311091126204e7.jpg
セレナさまとセレナさまのお父様
セレナさまとデイビット殿下の結婚式(1993年)

セレナさま、気品溢れる美しいお妃さまです。

セレナさまには先の記事で紹介した
”マーガレットのポルティモアティアラ”も受け継がれたのですが、
マーガレット王女から相続された資産の相続税が多額となり、
やむ無くこの”マーガレットのポルティモアティアラ”は
競売にかけられてしまいました。

こちらの”蓮のティアラ”は
デイビット殿下とセレナさまのお子さまたちに
受け継がれていくことでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。