スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルクセンブルク”コンゴのダイヤモンドティアラ”

こちらは、ルクセンブルクのアンリ大公とマリア大公妃の結婚式のお写真です。

201311091656058be.jpg

マリア大公妃がお召しになっているのは”コンゴのダイヤモンドティアラ”です。
アンリ大公のお母様であり先のルクセンブルク大公ジャン殿下のお妃さま、
ジョセフィーヌ妃さまのティアラでした。

もともと、ベルギーのお姫様であったジョセフィーヌ妃さまが、
ルクセンブルクにお嫁に来るときに、
当時ベルギーの植民地であったアフリカのコンゴ国から
プレゼントされたティアラです。

ジョセフィーヌ妃さま(アンリ大公殿下のお母様)
20131109172346d8c.jpg

”コンゴのダイヤモンドティアラ”を
ネックレスとしてお召しになっています。

マリア大公妃のお写真に戻りましょう。
20131109165606295.jpg
マリア大公妃の花嫁姿(1981年)

本当に可愛らしいお妃さまです。

ルクセンブルク大公家の方々は、
アンリ大公殿下が欧州の貴族の姫君と結婚することを望んでいました。
しかし、アンリ大公殿下は様々な反対を押しきり、
キューバ出身のマリアさまをお妃に選びました。

こんなに可愛らしいお姫様であれば、それも納得です。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。