スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルクセンブルク”大粒のサファイアティアラ”

ルクセンブルク大公アンリ殿下のお母様、
ジョセフィーヌ妃さまのお写真です。

20131110092554d39.jpg

お召しになっているのは”大粒のサファイアティアラ”。
中央の真ん丸の大粒サファイアに目がいきます。
また、デザインも1950年代の斬新なものです。
このティアラの詳細は分かりませんが、
まず、間違いなく、ジョセフィーヌ妃さまの為に作成された
ティアラだとおもわれます。

とても強い印象を与えるティアラです。
ジョセフィーヌ妃さまが”大粒のサファイアティアラ”をお召しになっている
別のお写真をご覧ください。


20131110092553a2e.jpg
ジョセフィーヌ妃さま

ジョセフィーヌ妃さまは、もともとベルギーのお姫様であり、
多くの宝石をお持ちであったことで有名です。

ジョセフィーヌ妃さま亡き後は、
アンリ大公殿下のお妃であるマリア大公妃さまが
この”大粒のサファイアティアラ”を
ネックレスとしてお召しになっています。


20131110092555a76.jpg
マリア大公妃さま

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。