スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”皇后の菊のティアラ”

海外で最もよく知られている皇后様のティアラです。
"皇后の菊のティアラ ( The imperial Chrysanthemum tiara)"
と呼ばれています。

K6829944-4.jpg
美智子皇后様

海外ファッションWebでは、
”美智皇后様が、このティアラを
カチューシのように召されているのが
とてもファッショナブル”と書かれています。

このティアラは1915年にミキモトが大正天皇皇后のために作成しました。
大正天皇皇后さまがお持ちになっていた
菊の紋章のネックレスをリメイクし、
このティアラが作成されました。

以前紹介した「ティアラ”明治”」の中の大正天皇皇后さまの胸元に
菊の紋章のネックレスがございますので、ご覧ください。

その後、昭和天皇皇后様に受け継がれ、
昭和天皇皇后様もこのティアラをとても素敵に召されていました。

img_1046353_43225180_0.jpeg
昭和天皇と皇后様



そして、昭和天皇皇后から美智子様に受け継がれました。

2011-0101-japan-michiko.jpg
陛下と美智子皇后様

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。