スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ”エマの星”

こちらのティアラは、オランダの”エマ星”です。

20131005155734923.jpg

先に紹介したマキシマ王妃のウェディングティアラ
”新しい星”にデザインがそっくりですね。
きっとマキシマ王妃はこのティアラを模して
ご自身のウェディングティアラをデザインしたのだと思います。

こちら”エマの星”はベアトリクス王太后さまの曾祖母であるエマ王妃のティアラです。

20131005155735cc3.jpg
エマ王妃

1890年に宝石商Royal Begeerにより作成されました。
エマ王妃の夫である当時のオランダの王さまウィリアム3世から妃エマへのプレゼントです。
代々オランダ王家に受け継がれています。

20131005155736c02.jpg
ウィルヘルミナ女王(ベアトリクス王太后さまのお婆様)

トップは12角のダイヤモンドの星です。
このダイヤの星も取り外しができ、ペンダントとなります。

”エマの星”は、今はトップの星の部分を取り外して
オランダ王家の妃方々が召されています。

20131005155738bf0.jpg
ベアトリクス王太后(お若い頃)

20131005155739e09.jpg
現在のベアトリクス王太后さま

2013100515582133a.jpg
マキシマ王妃

20131005155822e4b.jpg
ローレンティン妃さま

20131005155823663.jpg
ローレンティン妃さまをもう一枚。

ローレンティンさまが”エマの星”を召されるときは、
中央のダイヤモンドをルビーに取り替えるのがお約束のようです。
素敵な約束です。



コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。