スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ”ダイヤの花編み”

こちらは、マキシマ王妃の新しいティアラかな?
と思ったのですが、、、

20131005165005802.jpg

歴史のあるマキティアラ??でした。

”ダイヤの花編み”は1889年、
ベアトリクス王太后さまのお婆様であるウィルヘルミナ女王が、
9歳のお誕生に父王ウィレム3世からプレゼントされたネックレスでした。
代々オランダ王家に受け継がれています。

先に紹介した”エマの星”でも掲載した写真に
オランダ王家の妃方々が”ダイヤの花編み”を
ネックレスとしてお召しになっています。

ご覧ください。

20131005155736c02.jpg
ウィルヘルミナ女王(ベアトリクス王太后さまのお婆様)


20131005165005d82.jpg
ユリアナ女王(ベアトリクス王太后のお母様)


20131005155738bf0.jpg
ベアトリクス王太后(お若い頃)

マキシマ王妃が歴史あるネックレスを
モダンなティアラ”ダイヤの花編み”にしたのですね。


コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。