スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ”王家のティアラ”

まだ、ベアトリクス王太后さまもお召しになったことのない、
豪華なティアラがございます。”王家のティアラ”です。

2013100806353546c.jpg

1897年 ドイツの宝石商Johann Eduard Schumann&Coが作成しました。
このティアラは、ネックレスとブローチとセットになったパリュールです。

パリュールをお召しになったベアトリクス王太后さまのお婆様、
ユリアナ女王をご覧ください。

20131008063535853.jpg
ユリアナ女王

”王家のティアラ”は下のデザイン図のように、
トップの5つのダイヤモンドをとりはずすことができ、
3つのデザインでお召しになることができます。

20131008063535235.jpg


2013101315562821f.jpg
ユリアナ女王さまのお写真をもう一枚。女王の貫禄です。
お隣は、夫君のベルンハルト王配殿下,,,と思われます。


”王家のティアラ”は、ベアトリクス王太后さまのお婆様である
ウィルヘルミナ女王さまの戴冠式のために作成されました。
順序が後先になりましたが、
ウィルヘルミナ女王さまの戴冠式のお写真をご覧ください。

20131008063536624.jpg
ウィルヘルミナ女王さま(戴冠式1898年)

胸元は、先の記事で紹介した"ダイヤの花編み”をお召しになっています。
ベアトリクス王太后さまが”王家のティアラ”をお召しになっているお姿を早く拝見したいです。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。