スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン"ソヤラのエメラルド”

イラン、最後の皇帝モハマンド レザー シャー2目のお妃、
ソラヤのエメラルドパリュールです。

201310191312550ad.jpg
結婚式(1951)


20131019131253176.jpg
ソラヤ王妃(アップ)

エメラルドとダイヤモンドの豪華なパリュールです。

残念ながら、ティアラのみの写真は見つかりませんでしたが、
”ソヤラのエメラルド”のネックレスの写真を見つけることができました。
ご覧ください。


20131021150413ada.jpg

”ソヤラのエメラルド”パリュールのネックレス

皇帝には先の妻ファウジィーヤ(1948離婚)との間に一人の娘が今したが、
ソラヤとの間に子供は授かりませんでした。
男子の世継ぎが絶対に必要であったシャー皇帝は、
1958年にソラヤとの離婚を決意します。

思いあっていた皇帝と妃の辛い選択でした。

ソラヤ王妃は、そのあまりの美しさに、
アラブ諸国だけでなく欧州にも
「絶世の美女」と唱われていました。

シャー皇帝と別れた後、ソラヤはパリで女優となります。
生涯結婚をすることはなく、2001年にこの世を去りました。

”ソラヤのエメラルド”を含め、
ソラヤが愛の証としてシャー皇帝から送られた数々の宝石は、
ソラヤの死後、宝石商や世界のコレクターに売却されました。
”ソラヤのエメラルド”を再び見ることはもう無いでしょう。

その後、シャー皇帝は皇后ファラフと再婚(1959)しますが、
ソラヤを忘れることは無かったと言われています。

「悲しい瞳の王妃、ソラヤ」として今でもその美しさが語られています。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。