スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン”王女シャフナーズのティアラ”

先の記事で紹介した、イラン最後の皇帝シャーと
一番目の王妃ファウジィーヤ王妃の一人娘”王女シャフナーズのティアラ”です。

20131019190051b2c.jpg

1967年のシャー皇帝戴冠式のために
宝石商Van Cleef & Arpels が、
イラン王室の王冠を含むティアラ一式を作成しました。
下の写真をご覧ください。見事に豪華です。

2013101919164094c.jpg
(左端のティアラとイアリングが”王女シャフナーズのティアラ”です)

使用されている宝石類は元々イラン王家が所有していたもので、
イラン王家の依頼によって、
宝石商Van Cleef & Arpelsが皇帝戴冠式のために装飾品一式に加工しました。


20131021160231789.jpg
戴冠式での王女シャフナーズ(1)
(一番右端の女性”王女シャフナーズのティアラ”をめされています)

20131019190053d39.jpg
戴冠式での王女シャフナーズ(2)
(左から2番目)


20131019190056806.jpg
王女シャフナーズ

1979年のイラン革命後、
王女シャフナーズ一家はスイスに亡命しました。

”王女シャフナーズのティアラ”を含む
シャー皇帝戴冠式のためにVan Cleef & Arpelsが作成した装飾品一式は、
イランの美術館でその姿を見ることができます。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。