スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スエーデン”6つの花ボタン”

こちらのティアラは、スエーデンの”6つの花ボタン”です。

20131027180153b38.jpg

先の記事で紹介した”4つの花ボタン”と少しデザインが違います。
”花ボタン”の花の部分のデザインも、
”4つの花ボタン”ではクローバーを模したようなデザインでしたが、
こちらは丸みを帯びた花のデザインとなっています。

また、ティアラの高さも異なり、
”6つの花ボタン”はダイヤのベースをアクセントとして
用いることのできるデザインとなっています。

この”6つの花ボタン”ティアラも、
先の記事で紹介した”4つの花ボタン”同様、
1800年代前半の国王の礼服の飾りをティアラにアレンジしたのではないか?
と言われています。

それでは、ビクトリア王女さまとマデレーン王女さまが
”6つの花ボタン”をお召しになっているお姿をご覧ください。


20131027180154c11.jpg
ビクトリア王女さま
いつもチャーミングです。


2013102718015530c.jpg
マデレーン王女さま
はい、美しいです。


”花ボタン”バージョンのティアラは”お若い”スエーデンの姫君に
とてもよくお似合いのティアラです。といいたいところですが、
もっともっと素敵にこの”6つの花ボタン”をお召しになっている
ご婦人がいらっしゃいました。

そのお姿をごらんください。

2013102718015759b.jpg
ハッランド公爵夫人殿下リリアン妃さま

この貫禄、


20131027180158f83.jpg
ハッランド公爵夫人殿下

そしてこの美しさ。

”6つの花ボタン”がより一層輝いています。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。