スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モナコ”カルティエのルビーティアラ”

こちらのティアラはカルティエのルビーティアラです。

20131021161625a97.jpg

グレース ケリーとモナコ公国大公レーニエ三世の結婚式のために
1955年カルティエにより作成されました。
モナコの高級ホテルを始めとする
モナコ国民からグレース ケリーへの結婚祝いのプレゼントでした。


20131021161510201.jpg
グレース妃

本当に美しいお妃さまです。

”カルティエのルビーティアラ”は
トップのルビーとダイヤモンドの花の部分を取り外して、
ブローチにつることもできます。

2013102116151275c.jpg
花のブローチ

もちろも、ネックレスにすることも、、、


201310211615148c3.jpg
グレース妃
”カルティエのルビーティアラ”をネックレスとしてお召しです。

モナコの人々がグレース妃がモナコ公国へお嫁に来てくれることを
いかに喜んだかが偲ばれる”カルティエのルビーティアラ”です。

”海のしぶき”

こちらも、アルベール大公が
シャルレーヌ妃にプレゼンとしたティアラです。

DiamondFoamTiara.jpg

フランスの宝石店Lozenz Baumerが
新しく作成したティアラです。

PrincessCharleneDiamondFoamTiaraWeddingDinner.jpg

Princess_Charlene_tiara1.jpg

シャルレーヌ妃のブロンドの髪に似合っています。

”大いなる海”

こちらは、”大いなる海”と名付けられたティアラです。

P-3_Ocean-tiara_vancleefarpels.jpg


モナコ公国アルベール2世大公から
シャルレーヌ妃へのプレゼンとで、
2011年ヴァン クリーフ アーベンが作成しました。


P-1-V_Prince-albert-and-Princess-Charlene_vancleefarpels.jpg
アルベール大公とシャルレーヌ妃

ネックレスとしてお召しになっています。美しいお妃さまですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。