スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンマーク”イングリットの星と真珠”

こちらのティアラは”イングリットの星と真珠”です。

20131014141424431.png

”イングリット”とは、マルグレーテ女王さまのお母様、
イングリット王妃さまです。
もともとスウェーデンの御姫さまでいらっしゃったイングリット王妃が、
デンマークにお嫁に来たときにご実家から持ってきた数々の宝石の一つです。
1850年代の作品と言われています。

今では、イングリット王妃さまの次女である
ベネディクテ王女さま(マルグレーテ女王の妹君)がお召しになっています。


20131014141425a1d.jpg
ベネディクテ王女さま

たまに、ベネディクテ王女さまの息子である
グスタフ殿下のパートナーであるカリーナさまも
この”イングリットの星と真珠”をおめしになっています。


20131014141426d79.jpg
カリーナさん

デンマーク”アレクサンドラ伯爵さまのティアラ”

今回ご紹介するティアラは、
”アレクサンドラ伯爵さまのティアラ”です。

20131014164604c56.jpg
アレクサンドラ妃さま(ヨアキム殿下とご結婚当初)

アレクサンドラ伯爵さまは、
マルグレーテ女王さまご次男ヨアキム殿下の前の奥さまです。
(現在、ヨアキム殿下はマリー妃さまと再婚されています)

このティアラをマルグレーテ女王が
お召しになっているお写真をご覧ください。

20131014125641431.png
マルグレーテ女王18歳

このティアラは、マルグレーテ女王さま18歳のお誕生に
ご両親のイングリッド王妃さまとフレデリク9世国王から
のプレゼントされたものでした。


2013101412564126c.jpg
もう一枚、お若い頃のマルグレーテ女王さまを
マルグレーテ女王さまお綺麗です。


このティアラは小さなダイヤモンドを沢山ちりばめ、
マルグレーテ女王さまが歩くに合わせてダイヤモンドも揺れるため、
”ダイヤモンドドロップティアラ”とも呼ばれています。

1995年マルグレーテ女王さまご次男の
ヨアキム殿下アレクサンドラ妃のウェディングティアラとなり、
以降、アレクサンドラ妃さまがお召しになっています。


2013102015402405b.png

20131020154023757.png
ヨアキム殿下とアレクサンドラ妃さまの結婚式(1995年)

ヨアキム殿下とアレクサンドラ妃さまは二人の王子に恵まれましたが、
残念ながら離婚されてしまいました。

離婚後も、アレクサンドラ妃さまには”伯爵”の称号が与えられ、
デンマークの女性伯爵さまとして活発に公務をこなされています。


2013101412564317f.jpg
現在のアレクサンドラ伯爵さま。

赤いドレスにダイヤモンドを散りばめたティアラ、、、
”女性伯爵さま”という貫禄出ています。


ー2013年11月4日更新ー

ティアラその物のお写真がございました。
この繊細なティアラをご覧ください。

20131104124839872.jpg
”アレクサンドラ伯爵さまのティアラ”

デンマーク"ダイヤの花畑”

今回ご紹介するティアラは、
マルグレーテ女王さまのご次男ヨアキム殿下のお妃さま、
マリー妃さまがお召しになっているティアラ、”ダイヤの花畑”です。

このティアラは2008年にヨアキム殿下とマリー妃さまの
結婚式のウェディングティアラともなりました。


20131014122821d63.jpg
マリー妃さま

2013101412282051f.jpg
マリー妃さまとヨアキム殿下

マリー妃さまの笑顔に”ダイヤの花畑”がよく似合っています。

デンマーク"真夜中の王冠"

今回も、主にメアリー王太子妃がお召しになっているティアラをご紹介します。
"真夜中の王冠"です。

201310141208415c6.jpg

’真夜中の王冠’と名がついていますが、
月の光を感じる優しいティアラです。
歴史あるティアラのように思いますが、
デンマークの宝石商Charlotte Lynggaard of the companyの2009年の作品です。

それでは、”真夜中の王冠”をお召しになったメアリー王太子妃をご覧ください。

20131014120843bb1.jpg


201310141208428ff.jpg


メアリー王太子妃さまの持つ優しい雰囲気に
このティアラのイメージはよく合っています。

デンマーク”メアリー王太子妃さまのティアラ”

メアリー王太子妃さまとフレゼリク王太子さまの結婚式です(2003年)。

2013101411133734c.jpg

メアリー王太子妃さまのウェディングドレスはシンプルで気高さがあります。
ヴェールもヨーロッパの中世を感じさせ、全体的にとても素敵なデザインです。

このお写真では少し見えにくいのですが、
今回ご紹介するティアラはメアリー王太子妃さまのウェディングティアラともなった
”メアリー王太子妃さまのティアラ”です。

くっきりとティアラの見える下の写真をご覧ください。

201310141113381bc.jpg

こちらのティアラは
メアリー王太子妃さまのために新しく作成されたティアラです。
マルグレーテ女王とヘンリク王配殿下から
メアリー王太子妃さまへのウェディングプレゼントです。

”メアリー王太子妃のティアラ”はダイヤモンドでできていますが、
ティアラの底の部分とトップに真珠をあしらうこともできます。

20131014111342659.jpg
メアリー王太子妃さま(真珠をあしらったバージョンで)

真珠バージョンのティアラもすてきですね。
ダイヤモンドのみのバージョンでも真珠をあしらったバージョンでも、
メアリー王太子妃さまの美しい気高さによく合っています。

ネックレスにすることもできるんですよ。

201310141113413f5.jpg

メアリー王太子妃さま、ご自身のティアラを今でも素敵にお召しになっています。
下のお写真をご覧ください。

20131014111402887.jpg
メアリー王太子妃さまとフレゼリク王太子さま(2013年)

10年前と変わらず素敵なカップルです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。